ヘッダータイトル

玉松山一閑寺本堂

玉松山一閑寺本堂

玉松山一閑寺本堂の建築データ

  • 用途:本堂
  • 宗派:曹洞宗
  • 所在地:茨城県茨城県行方市玉造甲4279番地
  • 構造:木造 平屋建て
  • 規模:286.29㎡
  • 工事種別:新築工事
  • 竣工年:2011年03月

玉松山一閑寺本堂の概説

本工事は平成21年(2009)3月の工事開始、平成23年(2011)3月の完成である。同6月本尊、仏具、調度が揃い、同7月本尊入仏落慶式に至った。

総間口8間5尺、総奥行10間1尺5寸(本堂大間3.0間×3.5間)

向拝 16.53㎡
本堂 174.74㎡
開山堂・位牌堂  44.62㎡
仏具庫・側廊下・水屋 50.40㎡
286.29㎡

 

本堂他開山堂、法要室、位牌堂、納骨堂有り。本堂向拝唐破風付、雲龍彫刻入り。入母屋造平屋建て。唐破風と大屋根、開山堂屋根、銅板一文字葺き、棟瓦葺き、鬼面型鬼瓦取付。開山堂棟、飛龍(瓦製)取付。本堂内には深彫の彫刻として①釈迦一代記、四面②十二支、十二面③天女、四面の欄間彫刻(両面彫5寸厚)④向拝唐破風太瓶束両脇の壁に松に鳳凰(片面彫4寸厚)⑤水引き欄間に雲龍の彫刻(両面彫5寸厚)計二十三面で飾る。いずれも中国製。中国国内でも深彫り彫刻の第一者と言われる彫刻家による制作。ぜひ一度お目通必見。また、本堂裏手の開山堂棟飛龍(瓦製)は本邦初となる全姿であり経典と玉を掴み、空中に飛び立つ様を表している。 

玉松山一閑寺本堂の竣工写真玉松山一閑寺本堂のスライドギャラリー

玉松山一閑寺本堂のパース

玉松山一閑寺本堂の絵様・彫刻・金物など

玉松山一閑寺本堂|日本建築研究所|寺院・神社・文化財・和風専門の建築設計事務所