ヘッダータイトル

小峰城三重櫓建設工事設計監理

 小峰城三重櫓建設工事設計監理

小峰城三重櫓建設工事設計監理の建築データ

  • 用途:文化財・史跡名勝・城郭
  • 所在地:福島県白河市
  • 構造:木造 三階建て
  • 規模:延べ258.74㎡
  • 工事種別:復元工事
  • 竣工年:1991年04月

小峰城三重櫓建設工事設計監理の概説

木造3階建て

1階 170.48㎡
2階 72.65㎡
3階 15.61㎡
258.74㎡

平成木造復元天守級三重櫓第1号。

戦後、戦災によって消失した各地の天守が復興されるに当たり、不燃建築の模擬天守が数多く建設された。平成に入っても旧来の考え方(模擬天守による望楼建築求め、博物館、展示場用途とする)は一般的であって、多くの天守では模型・天守古図(建絵図、当時は建設にあたり大工が墨で建築矩計図を書いた)が消失したため、全国各地の現存天守を参考に設計され、建設された。計画当初は白河小峰城も同様であった。

白河小峰城は幕末の戊辰で消失したが、城郭絵図・三重櫓(天守)建絵図が存在し、その史料調査をしたことで丹羽長重が築城した当時(寛永9年、1632)の姿に、模擬三重櫓(天守)から本格復元三重櫓(天守)建設へと大きく舵を切る事が出来た。この後、復元には史料調査が必須となり、各地の平成木造天守・御殿建築復元へと繫がっている。

三重櫓(天守)3階建て

間口、奥行共二間づつ低減する。

物見櫓

1階・2階東西南北に石落としがあるため、変化に富んだ形態である。

中央1本の通し柱(建登柱)が特徴。

屋根

本瓦葺き、鯱瓦。

壁・軒裏

総塗り込め、腰下見板張り、建立当時は黒漆塗り。

設備

電気幹線、照明コンセント。

小峰城三重櫓建設工事設計監理の竣工写真 小峰城三重櫓建設工事設計監理のスライドギャラリー

小峰城三重櫓建設工事設計監理のパース

小峰城三重櫓建設工事設計監理|日本建築研究所|寺院・神社・文化財・和風専門の建築設計事務所