ヘッダータイトル

無量壽山東光寺鐘楼堂

無量壽山東光寺鐘楼堂

無量壽山東光寺鐘楼堂の建築データ

  • 用途:鐘楼堂
  • 宗派:真言宗豊山派
  • 所在地:茨城県つくば市
  • 構造:木造 
  • 規模:約5.42㎡
  • 工事種別:改築・改修工事
  • 竣工年:2014年09月

無量壽山東光寺鐘楼堂の概説

旧材をできるだけ生かした改修工事で、密教寺院に相応しい新しい鐘楼堂に生まれ変わった。
既存は瓦葺き屋根であったが、茅葺型寄棟造銅板一文字葺き屋根に改修、鐘楼は既存を再使用。
鉄筋コンクリート基礎、腰部分は袴型御影石貼りコブだし仕上、床は御影石貼り。
新材は総欅、旧材は古色塗り。
内部壁は御影石貼り本磨き仕上、壁三面(レリーフ)に釈迦三尊、阿弥陀三尊、薬師三尊を祀り、鐘楼真下の床(レリーフ)に蓮弁。
レリーフは全て弊社オリジナルデザイン。
内部床の埋込型照明でレリーフ及び内部をライトアップ。

無量壽山東光寺鐘楼堂の竣工写真無量壽山東光寺鐘楼堂のスライドギャラリー

無量壽山東光寺鐘楼堂|日本建築研究所|寺院・神社・文化財・和風専門の建築設計事務所