ヘッダータイトル

瑞雲山正源寺書院

瑞雲山正源寺書院

瑞雲山正源寺書院の建築データ

  • 用途:客殿・庫裏・寺務所
  • 宗派:曹洞宗
  • 所在地:茨城県牛久市
  • 構造:木造 平屋建て
  • 規模:237.24㎡
  • 工事種別:新築工事
  • 竣工年:2012年12月

瑞雲山正源寺書院の概説

本堂耐震改修工事(第一期工事)に続く第二期工事。これにより、本堂・客殿施設整備工事が完了した。

書院(客殿) 平屋建て 214.42㎡
本堂への渡り廊下 2階建て 22.82㎡
237.24㎡

書院(客殿)

既存書院(客殿)は旧本堂の一部再用であり、近年地盤の地割れや地盤沈下が生じ、傾斜して危険性が増大していた。特に、東日本大震災によって一層傾斜が進んでいた。地盤地質はボーリング、一部各所サウンディング調査により確認した。

玄関ホール、縁側、客間12.5帖2間・床の間、寺院方控室12帖・床の間、湯沸し室、寺務所・法衣室、男女お手洗い、納戸・物入れ多数。全てムク材による施工。既存書院の瑞龍の欄間彫刻を玄関に再利用。

基礎:杭打ち地業、鉄筋コンクリート基礎。

柱:総桧6寸~5寸、長さ15尺を使用、赤味強。一部玄関柱、欅7寸、床柱1尺~8寸。

桁垂木等:米松ピーラ、杉赤味。

造作材・内法・天井・天井板:杉・米ヒバ無地、縁側、化粧天井。

壁:内外共漆喰塗り。一部下見板張り、杉赤味無地。仏壇床2箇所は大津磨き仕様。

屋根:三州産耐寒性桟瓦葺き。下屋、銅板定尺四ツ切り平葺き。

渡り廊下

本堂と書院を接続する2階建て単独棟。二階建て渡り廊下は許容応力度計算によって安全性を確認した。

1階は外部お手洗い併設、2階は渡り廊下。長屋門形式として設計。階段、手摺取り付け。全てムク材による施工。

基礎:杭打ち地業、鉄筋コンクリート基礎。

柱:総桧5寸、全て長さ16尺通し桧柱を使用、赤味強。

虹梁・板蛙股:米松ピーラ。    

桁・垂木等:米松ピーラ、杉赤味。

造作材・内法・天井・天井板:杉・米ヒバ無地、化粧天井。

壁:内外共漆喰塗り。一部下見板張り、杉赤味無地。

屋根:銅板定尺四ツ切り平葺き。

本堂側廊下水舎

本堂側造作、側廊下は渡り廊下の接続時に施工。水舎、物入れ、喚鐘を取り付け。

設備

照明コンセント、弱電、自動火災報知、インターホン、給排水衛生、冷暖房、ガス、下水道接続、雨水排水各設備。

瑞雲山正源寺書院の竣工写真瑞雲山正源寺書院のスライドギャラリー

瑞雲山正源寺書院のパース

瑞雲山正源寺書院|日本建築研究所|寺院・神社・文化財・和風専門の建築設計事務所